当サイトでは、注文住宅をつくるときに覚えておくべき建築基準法についても触れています。
建築基準法の一つに高さ制限がありますが、これは家の高低差を規定するルールで隣接する家への日当たりを考慮したものです。
他にも、土地探しから工務店への依頼や施工および完成までにかかる目安および入居までに必要な期間についても触れていますし、内装はモダンテイストにすることで癒しの空間を作り出してくれる、平屋は2階建てと比べ価格が安いのか、家づくりを始めようと思った時には住宅展示場にいくべきといった理由もご紹介してあります。

注文住宅を建てるなら高さ制限に注意!

注文住宅を建てるなら高さ制限に注意! 注文住宅は自由設計ではありますが、建築基準法の法律に準拠していることが求められます。
家の設計図はお住いの住所を管轄している役所に提出を行い法律に適合しているのか否かをチェック、そのうえで建築許可を貰えるようになります。
自宅ができることでお隣さんの日当たりが悪くなる、これは死活問題でもあり法律の中には北側斜線と呼ぶ高さ制限が設けられているのが特徴です。
具体的な高さは素人ではわかりにくいのですが、注文住宅で家づくりを行うための土地にはそれぞれの用途地域が決められておりその用途地域に応じた制限があります。
基本的には、設計者が高さ制限を考慮した形で設計図を作成してくれますが、このようなルールがあることを把握しておきましょう。

注文住宅の建築現場に足を運んでみましょう

注文住宅の建築現場に足を運んでみましょう 注文住宅を依頼すると建築現場に気軽に行くことができます。
いくつかチェックするポイントがあり、例えば屋根工事の場合種類や色などをチェックしましょう。
注文住宅の屋根工事大工が仕上げた屋根の下地に対して、瓦やカラーベストといった屋根材を張っていくことが可能です。
屋根の種類や色が希望のものになっているか確認したり、スタッフとコミュニケーションを図ると気持ちよく作用してくれます。
間柱やスジカイの施工の日になると、スケールを持参することをおすすめします。
スジカイ間柱は柱と柱の間にある壁などを作る素材です。
スジカイは地震に耐えるため柱と柱の間に斜めに入れている資材で、柱の上下やスジカイの上下、梁のつなぎ目といったつなぎ目になる部分において、金物が付いているか確認することをおすすめします。
金物が付いているかがポイントになります。
この段階において社内検査や検査機関などによる検査が行われることになり、とった写真や検査資料をもらっておくと便利です。
後になってからどんな検査があったか、どんな金物をどのように利用されているか把握することができます。
建築現場になるべく足を運ぶといろいろな発見があり、家が造られていくシーンを楽しむことが可能です。

注文住宅情報はコチラもチェック

姶良 注文住宅